予約優先制

03-5422-9877|目黒駅から徒歩2分

健康診断

企業健診 品川区健診/がん検診 品川区胃がん内視鏡検診 人間ドック 

胃カメラ検診 胃のABC検診 アミノインデックス 骨の健康診断


骨粗鬆症について

骨粗鬆症は骨折を起きやすくし、寝たきりや要介護の原因となります。

   骨量(骨密度)が低下し骨がスカスカになった状態を骨粗鬆症といいます。骨量は加齢と共に減少していき、若い人に比べて骨密度が70%未満になると、骨粗鬆症と診断されます。特に女性は注意が必要です。女性は加齢による骨量減少が顕著で、閉経を迎える50歳ごろから女性ホルモン減少により急激な骨量の減少が始まります。


骨粗鬆症    骨粗鬆症の方は骨が脆くなっているため、骨折を起こしやすくなります。高齢者は、筋力を始めとした運動機能の低下からバランスを崩しやすくなっているため、転倒リスクが高く、思わぬ所で転倒し骨折を起こしてしまう場合があります。特に気をつけたい箇所は、背骨と大腿骨の骨折です。
   運動機能の低下を招き、寝たきりや要介護の原因となり得るだけでなく、認知症のきかっけとなる事もあります。



椎体骨折

   転倒して尻もちをついた時などに、背骨(椎体)に縦方向の圧力がかかり、骨粗鬆症で脆くなった骨が圧迫骨折してしまう事があります。腰(背中)の痛みや、腰が曲がる原因になり得ます。

大腿骨近位部骨折

   大腿骨近位部(脚の付け根の辺り)の骨折は、治癒に時間がかかる場合が多く、治療の間に運動機能の低下を招きます。高齢者では、そのまま寝たきりや要介護に移行するケースも多く、注意が必要です。

高齢者の骨折は認知症を招く?

   骨折をきっかけに、出歩く事が億劫になったり寝たきりの生活となると、社会との接触が少なくなります精神的な影響をもたらします。

骨粗鬆症

骨粗鬆症の検査

骨粗鬆症    骨密度の検査には数種類あり、当院で行っている検査はMD法と呼ばれる検査です。右図のように、両手をアルミ板と一緒にレントゲン撮影する検査です。骨とアルミ板の濃度を比べて、骨密度を測定します。

   骨密度の検査は、骨の健康状態を知る上で重要な検査です。骨粗鬆症に自覚症状はありませんので、特に女性は50歳を超えたら、一度検査を受けて頂く事をお勧めいたします。


骨粗鬆症の治療

   骨粗鬆症の治療は、食事療法・運動療法・薬物治療などが上げられます。

食事療法

   食事療養法では、骨の形成に必要なカルシウム・ビタミンD・ビタミンKの摂取を意識的に行います。
  • カルシウム…牛乳・乳製品・小魚など
  • ビタミンD…鮭・しいたけ・卵など
  • ビタミンK…納豆・ほうれん草・小松菜など

運動療法

   適度な運動で骨に負荷を掛ける事で、骨を作る細胞が活発化し骨の強度が高くなる事がわかっています。ウォーキングやジョギングなど、無理の無い範囲で運動を心がけましょう。膝や腰の痛みがある方は、医師と相談しながら運動に取り組んでください。

薬物療法

   骨粗鬆症の治療のメインとなるのは、薬物による治療です。薬は作用機序から大きく3つに分けられ、様々な種類の薬があります。薬の剤形も、錠剤・ゼリー(内服薬)、注射薬などがあり、服用間隔も様々です。内服薬では種類によって、毎日・週1回・4週に1回の服薬などがあります。注射も、週1回・月1回の他、最長では6ヵ月に1回の注射など多様です。
   ライフスタイルや身体の状態に合わせて、医師が処方・注射を行います。いずれの場合も、医師に指示された間隔で服薬・受診を守りましょう。



   骨粗鬆症は生命を直接脅かす病気ではありません。ですが高齢者は骨折を原因に、思わぬ影響を及ぼす事があります。シニア世代の生活の質の維持には、骨の健康がかかせません。【自立して毎日の生活を送る、仕事に出かける、スポーツを楽しむ、旅行に行く】など、よりよい人生を送るために骨粗鬆症をしっかりと予防・治療しましょう。

『いつもの健康診断と一緒に!』『年に1回骨の健康診断!』
骨の健康診断
骨の健康診断はコチラ>>



開院時間

【内科】

2020年5月より当面の間、臨時診療体制として午前の受付を12:00まで、午後の受付を17:30まで(土曜日は16:30まで)に変更いたします。

▲土曜日の受付は16:30まで。
★祝日の診療はお問合せください。
※日曜日午後は、完全予約制で隔週の検査外来のみ。

所在地・ご連絡先

〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル2F

TEL 03-5422-9877
FAX 03-5422-9878

アクセスはこちら

  • にんにく注射